賃貸と購入の比較

賃貸と購入の比較

賃貸マンションに住むのと、中古マンションを購入するのではどんな違いがあるのでしょうか?

ここでは賃貸と購入の比較をみてみましょう。

中古マンションを買うのと、借りるのではどちらがお得?

自分の持ち家としてのメリットとデメリット
 

中古マンションを購入するきっかけの一つに、借りるより買ったほうがお得だ、との判断がありますよね。賃貸マンションに住んで家賃を生涯払い続けることを考えたら、計算上は確かに『買ったほうがお得』ですね。

賃貸物件に住んでいるのと持ち家では、持ち家の方が信用度が高いというのは、今の社会の現実ですね。

これからのライフスタイルの変化に対応

してリフォームを行って、自分好みの部屋

に作り替えることもできますね。その反面

、一度購入してしまえば、すぐには引越な

ど出来ないというデメリットもありますね。

福岡中古マンション情報.com 後悔しない中古マンション選びのコツ

 

 

  

賃貸マンション物件のメリットとデメリット
 

メリットはなんといっても、気楽、お手軽さですね。高級住宅街の場合などでも、高くて頭金も払えななくて、とても住むことなどできない部屋であっても、賃貸マンションだったら多少家賃が高くても住めるということもありますね。

また仕事柄どうしても転勤が多い方などは、賃貸マンションだったら軽快に対応がしやすい面もありますね。

  

デメリットとしては、家賃が高くなっていったり、自由に室内をリフォームしたり出来ないことなどがありますね。

  

将来のライフスタイルを描いて選択しましょう
 

結局のところ、要はあなたの置かれた立場や価値観によって変わってきますね。

将来のライフスタイルをあなたなりに描いてから、メリット・デメリットを理解して、賃貸マンションに住むのか、中古マンションを購入するのか、判断することが大事ですね。

  

立地条件と広さと価格のバランスを考えて選びましょう
 

これら三つのバランスを考えていくと、中古マンションを購入するか、新築マンションにするかの答えが見えてきますね。

  

まだ決めかねているのであれば、中古マンション物件をなるべく多く見てから、新築も数件見て、相場観を養って比較検討してみてください。

  

実際に計算してみましょう
 

大学生を例として、4年間賃貸マンションに住んだ時と、中古マンションを購入して住んだ時の、金額の違いを考えて見ましょう。

賃貸マンション物件に住むか、中古マンションを購入するかで悩まれてる方も、そうで無い方も一度比較のためにご覧になって下さい。

では、4年間賃貸マンションに住んだ時と、購入した中古マンションに住んだ時の実際の比較をしてみましょう。

  

【賃貸の場合】
 

賃貸マンションの家賃が毎月5万円だとしますね。入居する時に敷金等がかかり、合わせて20万円(家賃の4ヶ月分)だったとしますね。

大学を4年で卒業したとして、その総費用は・・・・・

敷金等 =20万円
5万円×12ヶ月×4年間 =240万円
−−−−−−−−−−−−−−
4年間の賃料の合計 =260万円
【中古マンションを購入する場合】
    
所在地 福岡市東区
交通  JR駅 徒歩1分
値段 150万円
構造 コンクリート造
この中古マンションを購入して、リフォームに70万円、その他の費用が30万円かかったとすると
150万円+70万円+30万円 =250万円
になりますね。  
この中古マンションを購入するために全額を借り入れた場合は
借 入 金 :250万円
返済金利 :2.0%
返済期間 :4年間(48回)
返済金額 :54,237円
返済総額 :2,603415円
返済金額の合計 =約260万円
その結果は?
 

賃貸マンションに住んでも中古マンションを購入しても、どちらでも同じくらいの金額に成りますね。けれども、中古マンションを購入した場合は『自分の所有しているマンション』という事になりますね。

ということは、卒業後にマンションを100万円で売ることも可能ですよね?その場合だと、結局かかった費用は160万円で済むことにますね。

▲このページの先頭へ

なぜ今、中古マンションを購入するのか?

 

福岡の不動産事情を踏まえた上で、なぜ、

いま中古マンションを購入した方がよいのでしょうか?

 

中古マンション購入の考え方の一つとして是非

ご覧になって下さい。

 

福岡中古マンション情報.com 後悔しない中古マンション選びのコツ

 

まず福岡の不動産状況を考えてみます
 

現状では、日本の不動産状況は供給が過剰になっていて、空き部屋がどんどん増えていますね。このような状況にも関わらず、マンションの建築は増加の傾向をたどっていますね。

とくに福岡市などは、単身者の空室率が急増してきているようですね。供給過剰の状態が続いていくと、どう成るのか?→不動産の価値(価格)が下がっていきますね。

  

中古の不動産物件は、『よい物件イコール値段が高い』と言うことでは有りませんよね。『ニーズがおおい、イコール値段が高い』と言う事に成りますね。

  

中古マンションの販売される値段について考えてみましょう
 

次に、不動産売買の値段をかんがえてみると、中古マンションの売買の値段もロングテールの法則で下がっていきますね。

築20年くらい迄は、期間が経つにつれて値段は徐々に下がっていって20年くらい経った後からは、値段は下げ止まりに成りますね。

  

築年数について考えると
 

建物には、構造ごとに法律で定められた『法定耐用年数』というものが異なっていますね。その耐用年数の範囲内の建物であれば、税金の控除も受けられますね。

  

又、2005年からさかのぼって5年間くらいの間に建てられた建物は注意が必要ですね。その理由は、耐震偽造の問題が発覚する以前の建物は、マンションの建物の強度等の不明点が多く、不景気の関係で建物に対する費用のかけ方が低い物件もおおいからですね。

  

全ての物件がそうとも限りませんので、中古マンションご購入の際にはよく確認されることが大切になってきますね。築15年(平成5年)から築35年(昭和48年)の物件は値段的にオススメです!

  

※「法定耐用年数」とは法律で定められた耐用年数の事ですね。

▲このページの先頭へ

 買うならどっち?何が違うの? 新築vs中古

新築と中古なら、ピッカピカの新築の方がいいに決まってる?

いえいえ、そうとは簡単に言い切れないところも多いのは、上に述べたとおりですね。

新築は内装や設備が新しくていいけれど、中古なら予算的に無理せず買えて、リフォームで好みの住まい点に作り替えることが出来るのが大きな魅力ですね。どちらがあなたにとってピッタリか、新築と中古の特徴を理解しておきましょう。

徹底比較! 買うならどっち? 何が違うの? 新築vs中古 メリット、デメリット|福岡中古マンション情報.com コチラ


▲このページの先頭へ

メインメニュー

インフォメーション

運 営

福岡中古マンション情報.com 後悔しない中古マンション選びのコツ
福岡中古マンション情報.com
後悔しない中古マンション選びのコツや、福岡エリアの中古マンション情報を豊富にご紹介しているサイトです